FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年々悪化する自転車のマナー「車道は怖いから走りませんw」

1 名前: エヴァーズマン(アラバマ州) 投稿日:2007/11/12(月) 18:25:13 8n8te7YH0 ? 標識
 自転車利用者の約3割が「自動車とぶつかりそうになったことがある」と回答(札幌市政世論調査)。今年に入ってから札幌市で起きた交通事故件数は7,369件(9月末まで)。そのうち自転車が関連した事故は1,479件、1,496人が負傷、4人が死亡した。

 今年8月に実施された「市政世論調査」による自転車の利用状況は「まったく利用しない」が53.3%、月に数回程度以上」が36.2%、「年に数回程度」は10.3%だった。

 利用者のうち、73.1%が主な通行路を「歩道」と回答。「車道」は4.6%、「両方同じくらい」は22.1%だった。道を走行する理由は「車道は車の走行が多くて危険だから」が82.3%で最も多かった。

 自転車利用時に「自動車とぶつかりそうになったことがある」と回答したのは34.3%。歩行者と~」は54.4%、「自転車同士で~」では63.3%が「ぶつかりそうになったことがある」と回答した。

 道路交通法上、自転車は原則として車道の左端を通行することになっている。交通量の多い道路などでは、自転車の危険を回避するため、歩道の走行が標識によって許可されている場所もあるが、マナーを守らず歩道を走行する自転車は、歩行者にとって危険な存在になり得る。

 同調査の「歩道を歩行時の自転車通行に対する迷惑」(複数回答)では、「自転車がスピードを出して走ってきた」(69.2%)、「走行してきた自転車とぶつかりそうになった(ぶつかった)」(48.4%)、「後ろから来た自転車にベルを鳴らされた」(40.7%)などの回答があった。また、上記の道交法を「知っている」が76.8%、「知らなかった」が23.2%だった。
http://www.bnn-s.com/news/07/11/071112132133.html


【PR】大学生★副業ランキングNo.1!

(・∀・)<押してくれると よろこびます。
 

...続きを読む

スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

「15分以内にメールの返事なければ友達じゃない」「懐石料理の準備待てない」…待てない人々、増加

1 名前:☆ばぐた☆ ◆JSGFLSFOXQ @☆ばぐ太☆φ ★ 投稿日:2007/11/13(火) 13:23:35 ???O iraira.jpg
・週末の夕方。都内の広告会社で営業を担当する佐野裕美子さん(23)=仮名=は、仕事を終えると友人2、3人に携帯メールを送る。「いま何してる?」

 送り終わると、すぐに返信確認。1分、2分、3分…何度も操作を繰り返す。返事が来たら食事に誘う。5分も返事が来なければイライラする。「早く決めたいから、すぐ返信がほしい。自分が待てなくて嫌な思いをしているので、わたしはいつも即レス(即答)です」

 便利なはずの携帯電話を手にして、イライラと格闘するのは彼女ばかりではない。
 「返信が気になる。地下鉄に乗れば一駅ごとに『センター問い合わせ』をしてしまう」(24歳の
 女性会社員)、「返信が来ないで5分過ぎると貧乏ゆすりが始まる」(20歳の大学生)-。

 小中学生は「15分以内に(メールを)返さなければ友達じゃない」などと言う。情報モラルサイト「エンジェルズアイズ」の遠藤美季代表は、そんな言葉に違和感を抱く。「返事を待てずに次々と別の子にメールを送り、最初の相手への用件を忘れてしまっていることもある。落ち着いて時間を過ごすのは、格段に下手になったでしょうね」

 シチズンホールディングスが平成15年、首都圏のビジネスパーソン400人を対象に行った「待ち時間」に関する意識調査。通勤電車の遅れが「5分」でイライラするという人は10年前の17・6%から56・6%へと急増した。加速する“せっかち度”が各所で摩擦を引き起こす。

 懐石や鍋のコース料理がメーンのある日本料理店。落ち着いた雰囲気が売りだが、店長(33)は 「お客さまと店側の時間意識のズレ」に頭を悩ませる。前菜に始まりメーンの料理を提供するまでの所要時間は「昼10分・夜15分」と決めている。しかし、時間内にスムーズに料理を出しても苦情が入る。テーブルセッティングのための1、2分の時間すら待てない客もいる。受付で「少しお待ちください」と言うと、「待てるか!」と声を荒らげ、トイレに入った連れの女性を残したまま帰った中高年男性もいた。
http://sankei.jp.msn.com/life/lifestyle/071113/sty0711130811000-n1.htm

【PR】大学生★副業ランキングNo.1!

(・∀・)<押してくれると よろこびます。
 

...続きを読む

「やっぱりあの人が良かった…」 男女関係などの“復縁工作”をする依頼、急増…復縁屋

1 名前:☆ばぐた☆ ◆JSGFLSFOXQ @☆ばぐ太☆φ ★ 投稿日:2007/11/12(月) 14:28:48 ???0 kekkon2.jpg
・別れた男女関係などの復活を請け負う「復縁屋」に対し、1度離婚した相手との再婚工作を求める依頼が急増していることが分かった。

 現在、「復縁工作」「復縁屋」などとうたい、別れた男女関係などの復活を請け負う業者が複数ある。探偵社や調査会社が一部門として行っている場合が多い。「元祖・復縁屋」という東京・銀座の「レディス秘密探偵社」樋渡聖氏によると最近、別れた夫婦が同じ相手と復縁したいという「復縁再婚」の依頼が急増しているという。

 復縁再婚を含めた男女関係復活の依頼件数は同社の場合05年が約110件、06年が約430件、今年が現段階ですでに約750件。昨年のほぼ倍、2年前の約7倍に達している。復縁再婚の依頼者は7割が女性。年代は20~40代が多い。

 樋渡氏は「不景気な時期に生活が安定しなくなると、その雰囲気に同調して思わず別れてしまう。最近のように景気が持ち直してきて安定してくると『やっぱりあの人が良かった』と考える余裕が出てきて、復縁を考えるため、増加しているようだ」と分析。

 同社はもともと「元祖・別れさせ屋」として、配偶者やカップルと、その浮気・不倫相手を別離させ、本来の幸せな男女関係を取り戻すなどの業務を手掛けてきた。復縁屋はその発展形として16、17年前ごろから行っていたという。

 詳細な工作内容は公開していないが、基本的には全国に643人いる、20代から60代の「工作員」が、ターゲットに接近。仕事や生活環境を把握した上で、同じ職場で働いたり、行き先で会うなどして友人関係を構築。周辺の友人や親族にも食い込んで、ターゲットに働き掛けることもある。そのようにして、別れた相手と「復縁したい」という感情を芽生えさせていく。

 依頼を受ける期間は最低3カ月で、料金は諸経費別で1カ月約65万円から。明らかにストーカーとみられる依頼者は断っているという。樋渡氏は「別れた恋人なども含めた男女関係全体の復縁成功率は昨年で約72%で、復縁再婚に絞ると約50%。男女関係だけではなく、親子、上司と部下、企業と企業などの復縁も手掛けています」と話した。(一部略)
http://www.nikkansports.com/general/p-gn-tp0-20071109-280626.html

【PR】大学生★副業ランキングNo.1!

(・∀・)<押してくれると よろこびます。
 

...続きを読む

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。