FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007.10.3お中元放置され激怒、オフィスに乱入しPC22台を次々壊す

1 名前:夏まっさかりφ ★ 投稿日:2007/10/03(水) 07:50:05 ???0 ? ocyugen.jpg
勤め先の会社社長に贈った「お中元」を放置されたことに腹を立て、オフィスのパソコン22台をたたき壊したとして、大阪市北区にある衣料品ネット販売会社の元アルバイト男性従業員(31)が威力業務妨害の罪で大阪地検から起訴されていたことがわかった。
2日に初公判が大阪地裁であり、起訴事実を認めた。弁護人は「本人は深く反省している。社長にも心づかいがもう少しあれば」と話し、情状酌量を求める方針。

検察側の冒頭陳述などによると、元従業員は土木作業員などを転々とした後、1月から同社で出荷業務の仕事に就いた。7月下旬、社長にゼリーの詰め合わせを贈ったが、机の足元に置いたままにしたことに立腹。同29日、社員十数人が働くオフィスに乱入し、机上のパソコン22台を特殊警棒で次々と壊し、会社の業務を妨害したとされる。

検察側は、社長が「(被告は)まじめにコツコツ働くが、頭に血がのぼりやすい」「日々の仕事に追われ、開封する暇がなかった」と釈明していることも明かした。

弁護人によると、お中元はようやく安定した職に就くことができ、お世話になっていることへのお礼だったという。

【PR】大学生★副業ランキングNo.1!

http://www.asahi.com/national/update/1002/OSK200710020096.html

(・∀・)<押してくれると よろこびます。
 

【PR】大学生★副業ランキングNo.1!

(・∀・)<押してくれると よろこびます。
 

...続きを読む

スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

2007.10.3「KDDI、「販売奨励金」を無くした上での新料金体系を導入 端末2万円上げ、通話料2割下げ ドコモも追随

1 名前:窓際政策秘書改め窓際被告φ ★ 投稿日:2007/10/02(火) 20:49:04 ???0 keitai2.jpg
 KDDIは11月から、携帯電話機の販売価格を引き上げて通話料金を安くした新しい料金体系を導入する。4日発表する。コストが不透明な「1円携帯」を生んでいる販売奨励金をなくし、端末価格と通話料を分けてわかりやすくする。奨励金を使った料金体系も残すが、同じ端末を一定期間続けて使うことを条件とする見通しだ。NTTドコモも同様の仕組みを年内に導入する方針だ。

 新しい料金体系では、端末は現在より2万円前後高くなるが、平均的な使い方の場合、毎月の通話料は約2割、千円程度安くなる。おおむね2年以上同じ端末を使い続ければ、新料金体系の通話料値下げの恩恵の方が大きくなる。KDDIの収支は、現状と大きくは変わらない見込みだ。

 短期間で端末を買い替える顧客は、これまで「1円携帯」の恩恵を最も受けていた。KDDIは奨励金を使った料金体系では、同じ端末を使い続ける「拘束期間」を設ける方針で、すぐに買い替えると違約金を課す案などが検討されている。頻繁な買い替えはしづらくなり、端末販売が伸び悩んでメーカーの収益に影響を及ぼす可能性もある。

 NTTドコモも、同様に奨励金をなくした料金体系や、端末を割賦販売する方式の導入を検討している。ソフトバンクモバイルは、端末価格を引き上げて割賦販売しつつ通話料を割り引く販売方式を導入済みだ。

 携帯電話会社はこれまで、端末の販売店に奨励金を支払って値下げを促す一方、通話料を高くして奨励金相当分を回収してきた。負担の内訳があいまいで、同じ電話機を長く使う人ほど不利になるとの指摘があり、総務省も08年度をめどに端末価格と通信料金を分けた料金体系の導入を各社に要請していた。

【PR】大学生★副業ランキングNo.1!

http://www.asahi.com/life/update/1002/TKY200710020502.html

(・∀・)<押してくれると よろこびます。
 

【PR】大学生★副業ランキングNo.1!

(・∀・)<押してくれると よろこびます。
 

...続きを読む

「画びょうを踏んだ足が痛い」「日焼けサロンで焼きすぎた」「眠れず寂しかった」 救急車 タクシー代わりに呼ばないで

1 名前:かしわ餅φ ★ 投稿日:2007/10/03(水) 11:19:35 ???0 cyuoukyu2.jpg
・救急車は無料のタクシーではありません--。「ちょっと具合が悪い」との119番通報で救急車が駆け付けたらただの酔っぱらいだった、といった安易な救急車の利用が札幌市で増えている。全体の救急搬送件数が増加傾向にある中で、市消防局は「救急車が本当に必要な急患への対応が心配される」と節度ある利用を呼びかけている。

 救急車の搬送件数は89年の3万6045件が06年には7万5893件と倍増している。市消防局救急課によると、悪意はなくてもタクシー代わりに救急車を利用するケースも頻繁にある。

 最近の具体例では▽「画びょうを踏んだ」だけで「足が痛い」と通報▽「酒の飲み過ぎ」「眠れず寂しかった」といった理由で「ちょっと具合が悪い」と通報▽「日焼けサロンで焼きすぎた」のを「やけどした」と通報▽「マニキュアの除光液が顔に飛んだ」からと「顔に薬品がかかった」と若い女性の母親が通報--など。

 通報があれば原則として出動し病院に搬送する。入院せずに済んだ患者は軽症に分類される。06年度の搬送件数のうち軽症は3万8817件で全体の56・3%を占めた。

 市消防局の救急車は31台。1台増やすと職員10人の増員が必要になり、人件費を含め約1億円かかるという。同局救急課は「判断に迷った時は利用して構わないが、自分が利用することで、命にかかわる人への救急車の到着が遅れる場合があることを考えてほしい」と話している。

【PR】大学生★副業ランキングNo.1!

 http://mainichi.jp/hokkaido/shakai/news/20071002hog00m040006000c.html

(・∀・)<押してくれると よろこびます。
 


【PR】大学生★副業ランキングNo.1!

(・∀・)<押してくれると よろこびます。
 

...続きを読む

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。