FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

毒グモに刺されてインポが治り、勃起したまま収まらなくなる症例を確認

1 名前:飼育係φ ★ 投稿日:2007/04/15(日) 21:35:58 0 kumo.jpg
イスラエル・ハイファにあるRambam病院で行われた最新の研究によると、
蜘蛛が持っている毒が勃起障害(ED)の治療に役立つ可能性があるという。
この研究のきっかけとなったのは、ある男性が蜘蛛に刺されて毒を体内に注入
された結果、ペニスの勃起状態が異常なほど長い時間継続したという事例が報告されたことであった。

Rambam医療センターが行った研究は、勃起障害を抱える男性にとって福音となるかもしれない。
この医療センターのセクシャル・ヘルス・クリニックで行われた実験によって、
クモの毒が本当に勃起障害に好影響を及ぼすかどうかが確かめられたのだ。

泌尿器学の博士号を取得しているIlan Gruenwald博士は、
このRambam医療センターのセクシャル・ヘルス・クリニックで勤務している医師の一人であるが、
彼はいくつかの製薬会社に依頼して、今回行った実験の被験者を募った。
実験の結果、勃起不全の治療に革命をもたらすかもしれない驚くべき事実が明らかになったのだ。

Gruenwald博士は、「このような実験はおそらく世界初のものでしょう。
そして、その結果、勃起不全に悩む男性にとっては朗報となるかもしれない実験結果が得られたのです。」と述べている。
博士の話によると、今回の実験で使用されたのは、南米原産のクモとアフリカ原産のクモであるという。
実験では、特別な海綿でクモの毒を抜き取って使用された。

この実験の成果を生むきっかけとなったのはすべて、
クモに刺されて勃起が収まらなくなってしまった男性の貴重な経験であることは言うまでもない。
http://www.sorainu.net/archives/50151412.html

【PR】エッチを知らない女の子に…
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

食べられる寸前ロブスター300匹救った謎の篤志団

1 名前:帰社倶楽部φ ★ 投稿日:2007/04/13(金) 17:12:02 ???0
robusuta.jpg米メーン州で、食べられるのを待つばかりのロブスター300匹を匿名のグループが買い取り、海に放つことになった。
天候不順の影響で品薄と高値が続く中、10人の若者から成るグループが計約3400ドル(約40万円)を現金で支払った。
「(放しても)またすぐ捕られるよ」と話す売り手の1人に、
若者らは「いいんだ。彼らに(生きる)チャンスをあげたい」と言ったとか。

ZAKZAK 2007/04/13
http://www.zakzak.co.jp/top/2007_04/t2007041321.html

【PR】サラリーマン副業ランキングNo.1!

22 名前:名無しさん@七周年 投稿日:2007/04/13(金) 17:17:40 klKgQgHP0
やってることはただのバカなのに、なんだか惚れそうだ

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。